2007年10月8日月曜日

黒部川下ノ廊下


土日を利用して妻と次女の三人で下ノ廊下へ行ってきた。

奥鐘山西壁を登っていると黒部川を挟んで対岸に水平歩道を見ることが出来る。奥鐘を登りながら、あの水平歩道を歩く機会が来ようとは思っても見なかった。
だが、上ノ廊下にほれ込んで幾度か遡行するうちに、いつか下ノ廊下も見たいと思うようになった。

下ノ廊下は、関西電力の費用負担によって登山道の整備が行われている。整備が完了するのは白竜峡から別山谷周辺の雪渓が消える秋になってからなので、通行できるのは秋の一時期だけだ。

一般登山客がたどることの出来るコースとして下ノ廊下はその迫力において国内屈指のルートだと私は思う。

ここのところ立て込んでいてレポのアップが滞っているが、素晴らしいコースでもあり、そして印象的な人との出会いがあった。いずれ詳しくまとめたい。

写真は阿曽原温泉。