2009年5月21日木曜日

ライブコンサート


日本山岳協会の常任委員をしていた頃、岸記念体育館内の日山協の事務所へ行くために仕事が終わってから原宿のホームに降り立ったものだった。

昨夜、その原宿に妻と二人で降り立った。

何のために?
それはポルノグラフィティのライブを観にいくためである。

なぜ・・・
それは敦子が行こうと買い求めたチケットだったけれど、肝心の敦子が夜勤でいけなくなって、チケットがもったいないからと妻と二人で来たのだった。

マスコミを通じてライブのさまは間接的に知っていたが実物を体験するのは初めてである。もちろん地下の小さなライブハウスでジャズを聴くといったことはあるにはあったが・・・。

妻と二人で席につき、開演を待った。

定刻をいくらか遅れたころ、突然照明が消えた。
その瞬間、数千人の観客がギャーっと叫んだ。そして赤い照明が点滅し難聴になるような大音響が響きはじめた。

すると観客は全員立ち上がった。座っていた私からは何も見えなくなった。周囲の観衆は一斉に踊り始めた。

ものすごい音響と観客の熱狂。会場の隅々までまるで振付があるかのように規則ただしく手を振り、タオルを振る。

ライブの主役はステージの演者ではなく観衆である。

私は心底そう思い、歴史の時間に学習した幕末のある出来事を思った。

これはまさに21世紀の「ええじゃないか」ではないかと。