2010年6月27日日曜日

松永敏郎さん


6月はじめに一通のはがきが届いた。

それは山登りの世界で私が最も尊敬している松永敏郎さんからのはがきだった。
松永さんのアポロスポーツが閉店になってから7年が経つ。閉店時に売れ残った商品を分けるので来ませんかという知らせ。

6月26日土曜日に都内のご自宅にお伺いした。
松永さんの教え子や日本山岳協会、日本山岳会などで親交のあった人たちがやってきた。
かつて日本山岳協会の面々と酒を酌み交わしながら囲んだ囲炉裏にはふたがしてあり、その上には奥様の介護用のベッドが置かれていた。
この10年ほどの松永さんの苦労がしのばれた。

2時間ほどお邪魔して、ヘルメット、ストーブ、磁石、ミトン、靴下、ナイフ、ランタンのマントルなどを譲っていただいた。

帰りしなに松永さんは言う。
「もう会えないかもしないな。次に会えるのはあの世かもな」
硬い握手をして別れた。

4月18日からなんらかの形で10週連続で山へ行ってきたが、今週はお休みだ。
妻が風邪をひいてしまったからである。なんとなく一人で行く気がせず、松永さんから譲っていただいた道具の調整などして一日を過ごした。