2012年3月21日水曜日

「都一の中華そば」に相性抜群のスープ


千葉市内で製造されている「都一」の中華そば。以前にも紹介したことがありますが、この麺のうまさは絶品であります。
ところが、この麺にはスープが同梱されていません。
前回はヒガシマルのラーメンスープの素を使いましたが、ふつうの醤油ラーメンの仕上がりとなってしまいました。もちろんこれでも麺のうまさを堪能するには充分なものがありましたが、スープが貧弱すぎました。

ここのところ山に行けない日々が続いていますが、暇つぶしに山に使えそうな食材をネットで検索していると「インスタントラーメンを美味しくする方法」をみつけ、更に手繰っていくと「タモリ流レシピ」というものに行き着きました。
簡単に紹介すると通常のインスタントラーメンを付属のスープは使わずに調理するといったものです。麺の秀逸さでは他に類をみないほどの逸品である「都一」と組み合わせたらどうなるのだろう?と思いました。
それでさっそく試してみました。ヤオコーで都一を買い求め、タモリ流レシピにある調味料を補充し作りました。

妻や子供たちにも食べてもらいましたが好評。いわゆる魚介系ですね。
山では麺の湯切りは燃料と水の浪費となるので、あえて湯切りはしないで、麺を茹でた湯でスープを作りましたが、若干ですがにおいが気になりました。

水と燃料が豊富なベースキャンプでは湯切りしたほうがベターです。