2012年7月7日土曜日

雨の丹沢 モロクボ沢


木曜日に出張から帰ってきて土曜日に山へ行くことで妻と意見が一致した

とはいえ天気が芳しくないのでそれなりの場所へ行くことを想定して週末となった

さて、土曜日
想定していた複数のプランの中からモロクボ沢を選択し出発
モロクボ沢の大滝は左のルンゼを登る
半マストで妻をビレイ



大滝の上には美しいナメ滝が三つ
それぞれを慈しむようにして大切に登る
これが終わると石積みの堰堤
堰堤の上で大休止

雨が強いので、ゆっくりとしている気分になれない

水晶沢を右にみてゴーロ地帯を登っていく
このゴーロ地帯はかなり長く、いささかうんざりするほどだ

やがて上部ナメ滝帯、とはいえこれも規模としては小さいものであっという間に登りきってしまう

上部ナメ滝帯の上は苔むした巨岩帯がしばらくつづく

ツメは急なリッジを這い登り、避難小屋とモロクボ沢の頭の中間部、かなり避難小屋寄りの地点だ

避難小屋には誰もおらずひっそりとしていた
一時間以上もゆっくりし雨の中を下山

今回の山行では誰にもあわなかった

帰りがけにはいつものとおり山北町のさくらの湯に立ち寄った。残念ながら「ともしびショップさくら」のラストオーダーは当の昔に終わっており冷やしそばを食することは出来なかった

20時にさくらの湯を出発し首都高の三軒茶屋付近で事故渋滞に巻き込まれたが21時半に帰宅できた


0 件のコメント:

コメントを投稿