2005年9月20日火曜日

熊本人吉「鳥飼の焼酎」

9月16日の金曜日の夕方のこと。
元部下であるツルちゃんから電話があった。
「熊本へ帰省して土産を買ってきたからこれから行っていいか」という。
私とは20歳近く年がはなれていることもあって、目の中に入れても痛くないほどに慈しんでいた青年である。今年結婚した。

土産は写真の焼酎だった。

帰宅して子供達に見せる。
よく子供達にツルちゃんのことは話していたので、子供達は彼のことを失礼にも「ツル」と呼ぶ。
「えー、ツルからお土産?すごいねー」
開けて焼酎だということがわかり子供達はがっかり。

小さなグラスに生のままで焼酎を注ぎ、少しずつ口に含む。
香りが高い。
美味い。