2005年9月25日日曜日

遭難救助

先程、帰宅。

女房の目の前で登山者が転落。
水の中から二人で河原へ引き上げたが意識不明。
遭難者には女房が付き添い、私が走る。
最寄のダム管理事務所に駆け込み、救助要請。
ダムの事務所で30分休憩し、現場へ取って返す。

私が現場へ到着するのと新潟県警察航空隊ヘリコプター「ときかぜ」の到着はほぼ同時。
ピックアップを手伝い、助かることを祈りながら飛び去るヘリを見送る。

ヘリが飛び去った後のうそのような静寂。女房は血のべっとりついた手を渓流で洗う。

詳しくはこちら

http://www.geocities.jp/kakumotoaki/chronicle/2005/20050923fullmoon.htm


(残念ながら病院で亡くなられました 2005.12.26追記)

0 件のコメント:

コメントを投稿