2013年4月14日日曜日

思い出に残るであろうこの一週間


金曜日から今日まで3日間、横浜で大きな展示会
山を歩いている分には5時間歩いてもどうという事はないけれど、一つところに立っていると2時間でも辛い

山に行かない、行けない一週間となったが、それはそれなりに思い出に残ることがいくつかあった

まずは、火曜日の妻の一人旅だろう

3月9日の奥多摩御前山へは青春18キップを利用した
このキップは5回利用できるので、先週の甲府の兜山で妻と二人で使っているから4回分を消費したけれど1回分が残ってしまった
利用期限は4月10日
しかたがないなと思っていたが妻が一人で使うという
最初は都心をあちこち廻るつもりだったようだが、JRが一日中乗り放題なので都心へ行くだけでは利用効率が悪いということになり、いっそのこと鎌倉まで足をのばそうということになったようだ
だが待てよ?一日中乗り放題であればもっと遠くへいけるのではないかということに妻は気がつき、ネットで盛んに調べ始めた

山登りと同様でこのような計画立案自体がとても楽しいのだ。妻は計画立案に熱中し、決行予定日の火曜日を迎えた
どこへ行くの?とたずねると東北方面へとにかく行ってみるという
快速電車の始発は5時44分、これは私が通勤に使っている電車だ
この快速電車に妻と乗り上野駅まで見送に行った

15時頃に妻にメールしたら福島にいるとの返信があった
いったいどこまで行ったのだろうか

そして23時過ぎに帰宅
「楽しかったけれど疲れた」
どこまで行ったのかと訊ねると花見山まで行ったという
えっ花見山まで行ったのかと驚いた

前後するけれど日曜日にカトリック西千葉教会のミサに与った後のこと
我が家の庭にはコゴミを植えてある ザル一杯のコゴミを採った
そのコゴミの収穫があったことも今週の大きな楽しみの一つだった

月曜日はとても忙しく末原君と昼食
火曜日は妻は東北へ
水曜日には恵海さん、省三さんとインドカレー屋「マリカ」へ行く。店内にはヒマラヤの高峰の写真が並んでいる。マリカは美味しいけれど900円の価値はないように思う。
木曜日は恵海さん、省三さんと角萬へ蕎麦を食べに行く
金曜日からは横浜の展示会 納期の迫った仕事にハプニングがあって展示会場から急遽オフィスへ戻って遅くまで残業
土曜日は私よりも息子が早く出発。越沢バットレスへ行くという。
一方私は展示会二日目。展示会場の近くで昼食と思ったがレストランはどこも満員。やむなくコンビニ弁当となったが、にっこり微笑むような場面に遭遇
ライブコンサートを聴きながら花壇の前のベンチに恵海さんと座って弁当をたべた。食べ終わった後、目の前にモンベルの直営店があることを知り、立ち寄って恵海さんに道具の説明した
来週は職場のみんなと筑波山だ
そして今日、日曜日
へとへとだったが展示会は13時に終わり、16時前に帰宅
疲れを癒そうと母と妻の三人で近くの温泉へいって体をほぐす

しばらくして越沢バットレスから息子が帰宅
明日発売の岳人5月号に「国立登山研修所」の主に大学山岳部の学生を対象とした春山研修会の募集記事が掲載されている。国立登山研修所は松永敏郎さんが立ち上げに尽力した施設であり、大学からの案内があればぜひとも参加するように伝えて、この一週間を終えた

明日は新潟出張、明後日は名古屋・・・仕事が忙しいということは幸せなことだ