2016年7月9日土曜日

昼飯抜きで登る習志野



幕張総合高校の文化祭でのクライミングを終えて帰宅したけれど道中は酷い渋滞だった
渋滞中の車の中で運転する息子にクライミングの歴史を話し聞かせる
それが一段落してからはフリークライミングとスポーツクライミングの差異をジョンバーカーとロンカウクを例にして話す
ラッペルボルトとグラウンドアップの意味するものにも触れながら、この40年の間に起こったクライミングをめぐるさまざまなことを自らが反芻するように息子に伝えた
それから忘れてはならないギュリッヒのことも

帰宅して一休みし、夕方になって妻も伴い習志野へ向かった
今夜の習志野は12名 男女それぞれ6名の構成だった

砂田は明日日曜日に幕張総合高校の壁を登る予定なので今夜はレストという連絡があった

息子が素晴らしいクライミングを見せてくれる一方で、私はまったくの腑抜け状態
体重を落とすことを優先して昼食を満足に食べていないので力が入らない
妻はムーブ修正を目的にして5.9を繰り返しリード
息子は絶好調で4本
私は5本 うち3フォールの内容が最悪

帰りがけのスーパーマーケットで妻が刺身を買ってくれたので、久しぶりにお刺身を食べた

明日はおとなしくしていよう