2013年1月27日日曜日

山の友人からの贈り物


先週のことだった
出張から帰ってくると小包が届いていた

差出人をみると古い山の友人からのものだった

小包を開けてみるとおおきな岩魚の燻製が10匹ほども入っていた
同封された書面には、昔共に登った山の思い出がしたためられ「渓流つりの成果を燻製にしたので送る」とあった。

送り主である鴻森さんと知り合ったのは1980年あるいは1981年ではなかったかと記憶する

職場を通じての出会いではあったが、お互い「山が命」というような、ごまかしのない真摯な山好きだったので、まもなく心の通じ合う仲となった。
もちろん、人それぞれで志向は異なっていた。私は岩壁登攀がメインであったが、一方の鴻森さんは今で言うところのアウトドアライフの達人であった。



驚いたのはログハウスの建設だろう
1980年初頭にログハウス建設を自力で行おうとしたことも驚きだが、建設途上で転勤を余儀なくされ、その困難を乗り越えてついにログハウスを完成させたのである
場所は甲斐駒ヶ岳山麓の白州
鴻森さんのログハウス建設がきっかけとなって、彼のログハウスの周辺は国内でも有数のログハウス村に発展したという。

だいぶ前に、その鴻森さんのログハウスに妻と泊まりに行った事がある
アウトドアライフの達人らしく交友範囲も広く人柄をしたって多くの人が集まった。

生涯の友である鴻森さんありがとう。そして奥様ありがとう。