2013年8月4日日曜日

「山岳クライミング安全確保技術講習 理論編2」

山岳クライミングの安全確保技術向上に精神論が不要だとはいわない
すべては危険に対する認識不足から始まるのだから

だがいったん危険を認識したのであれば理論的な学習は欠かせない
失敗に対する理論的究明と学習がなければ同じような失敗をいたずらに繰り返すばかりである



先週に引き続き、今週も午後から「ふれあいセンター」の一室を「山岳クライミング安全確保技術研究会」という名目で借り切って日が暮れるまで実施した

ふれあいセンターは自宅からも近い
知り合いに会うことも少なくない
今日も小学校の同級生の弟とばったり

私の知る範囲内では世の中に出回っている登攀技術解説書のすべてが不満足である

今回は文部科学省の国立登山研修所の確保理論テキストも参考資料として参照したが、このテキストも踏み込みが足りない
肝心な部分、安全対策の本質的な部分については、明確な指摘がなく、それでいてカラビナゲートのウィップラッシュ現象の説明を展開してみたり、あるいはツイストロックとスクリューロックについて判断のつかないような曖昧な説明で字数を浪費する
安全対策のより本質的なコアとなるべき部分を見失っているのではなかろうか
このテキストは、将来ある若者たちをクライミングの危険から防御する為の肝心な部分が欠落している

「国立登山研修所の確保理論テキスト研究会よ、しっかりしてくれ」と思わずため息が出る

この踏み込みの足りない部分を具体的に理由をあげて、ひとつひとつ丁寧に息子と確認しながら講習を進めていく

株式会社アルテリアの「ロープレスキュー資器材説明会資料」なども参考資料として活用させてもらった




午前中はカトリック西千葉教会の年間第18主日のミサ

ミサ聖歌次第
 入祭の歌 典礼聖歌153番
 あわれみの賛歌 読誦
 栄光の賛歌 読誦
 答唱詩篇 典礼聖歌35番
 アレルヤ唱 典礼聖歌272番
 奉納の歌 マラナタ
 感謝の賛歌 典礼聖歌209番
 平和の賛歌 典礼聖歌210番
 拝領の歌 典礼聖歌156番、テゼ「我がこころ、たたえよ主を」
 閉祭の歌 「あなたの平和の」

あなたの平和の道具にして下さい
主よわたしをあなたの平和の道具に

憎しみあるところに、あなたの愛があるように
悲しみあるところに喜びがあるように

過ちあるところに優しい心の赦しを
疑いあるところに信仰があるように

絶望あるところに満ち溢れる希望を
暗闇あるところに光があるように