2015年11月11日水曜日

山から帰ってきた息子と訪れた錦糸町


息子が久しぶりに錦糸町へ行けるというのでジムで待ち合わせた
継続して錦糸町へ通いたいというので6ヶ月パスを買い求めた
1か月に10回は通ってほしいところだが、大学山岳部は12月から3月まで長期合宿の連続なので、果たして月平均10回来ることができるのかは疑問である

ジムには島田さんがすでにスタンバイ
さっそくクライミング開始
しばらくして私が大フォール

スポーツクライミングなのでフォールを前提にして登っているのだが、通常は不意に落ちたりはしない 落ちるという状態になって落ちる
ところが今回は不意に落ちた
前傾壁の上部でレイバックの体勢でマッチしようとした右手がホールドをつかみ損ねた
レイバック状態だったから壁を蹴るような形になったので真っ逆さま
ビレイしていたのは息子

その後はホールド替えが行われたトップロープ壁で遊んだあと、二階のボルダー壁へ移動
振り出しに戻っている私は地道に少しづつ登る
息子は登れるが私は登れないという課題が多い
ある課題などでは息子に見本を見せてもらっても登れない
それでも4課題をものにすることができた頃には前腕も指先も心地よい疲労感に包まれた

今夜は島田さんが絶好調 左赤の完璧なリピートと左緑のRP

21時にジムを出て家路についた

ところで先週、息子は冬山偵察山行で槍ヶ岳の横尾尾根から下山してきたが、山行中に撮影した写真の中に槍沢のババ平を見下ろしたものがあった

この角度から見るババ平の写真はめったにない 新築された建物がはっきりと写っていた