2015年11月27日金曜日

ストーブにしがみついていた錦糸町でかすかな手ごたえ


関東地方は晴れた
朝方の気温は昨日ほどは下がっていないが、霧が立ち込めて列車が遅れているというようなニュースが朝のNHKで流れていた
午後から湯島から品川のオフィスを往復し17時半に湯島のオフィスへ戻ってきた
今日も飲み会だという千葉さんと1階のロビーで別れ、錦糸町へと向かう
昨日雨を降らせた低気圧が発達しながら北上し西高東低の気圧配置になって札幌では積雪44cmを記録し、東京でも夕方になって気温が下がった

18時15分に錦糸町のジムに到着
島田教授と石川さんがすでに登り始めていた

ウォームアップの一本を登って少し体が温まったが、半袖の私はレストしている間に体が冷えた
石川さん、島田教授ともにそれなりの成果のあった今夜の錦糸町
私は残念ながら目新しい進捗はなかったけれど爽快なクライミングを楽しむことが出来た
突っ込んでフォールするというクライミングの醍醐味に対する記憶を呼び戻しつつある
この感覚こそ退院してから三ヶ月に渡って模索していたものだ
つい先日まではフォールして壁に右足をぶつけることを恐れて突っ込むことが出来なかった
まだ右足の関節は痛みを伴い不自由だし、土踏まずから先端にかけては麻痺しており感覚がないけれど、私なりの微かな手ごたえを感じた一夜だった

明日土曜日は午前中は通院、午後は庭木の伐採、夜は印西でクライミングの予定