2016年4月14日木曜日

芽吹きの季節を迎えた印西で登る夜


まだ、散り残ったサクラの花びらもあるけれど葉桜にかわりつつある千葉市周辺
裏庭のコゴミは猛烈な勢いで頭をもたげて採取が間に合わない
毎日洗面器一杯ほども収穫できるが、それを毎日食べることは不可能なので、冷蔵庫の野菜室はコゴミであふれそうだ これ以上の採取は残念ながら諦めざるを得ない
出勤の為に玄関を出ると小雨がぱらついていたので傘をもったが、JR幕張駅からオフィスまでの2kmは傘がなくてもなんとかなるような雨脚でおさまった

今夜は印西フリークライミング協会の定例クライミング
いつもの通り18時に妻と自宅を出た
体育館に到着すると4-5年ほど前に私と同じ勤務先を定年退職されたOさんと一緒になった
以前から何度かお見受けしていたが、お声をかけさせていただいたのは今回が初めてだった
Oさんは、ここで空手を教えていらっしゃるとのことでお元気そうだった
すぐに砂田と合流

みんなに断った上で妻用のトップロープをセットする
ハビリルートは何度でも登ることができるが、それ以上の難度のルートはトップアウトするだけでも前腕が硬くパンプして、数を稼ぐことが難しい
21時まで登り続けた

帰宅途中の車のなかでラジオから熊本での震災の一報を知った