2017年2月19日日曜日

印西赤バーのレッドポイント


今日は忙しい一日だった
午前中はカトリック西千葉教会で当番の集まりがあってミサの後に当番みんなで弁当を食べた
出された弁当は万葉軒のもので「雑穀美食弁当」と包み紙に書かれている
万葉軒といえば昔から千葉駅構内で立ち食いそば店として永く営業していた
小学生の頃に母が千葉へ買い物に行くときに荷物運び役として付いていくことがあった
そんな時「立そばを食べさせてくれる?」と聞くのが常だった
当時「かけそば」が30円、「天ぷらそば」が40円
天ぷらそばというのはかき揚げそばのことでカリカリ、サクサクのかき揚げは当時の母の手料理では味わうことのできないもので、おさなごごろに感動していたのである
大抵は「天ぷらそば」を二杯食べていた

その万葉軒も経営が代わり会社としての実態はなくなり、駅構内のそば屋も昨年11月の千葉駅リニューアルで姿を消したという
そんな懐かしい万葉軒の名前が記された弁当に遠くなった1960年代の幼い頃の日々を思い出した
弁当を食べ終わってから津田沼のヨシキスポーツへ向かった
2月5日にお願いしていたスキーのシールのカッティングができたという連絡があったので、それを受け取りに行ったのである
店の前のクライミングウォールで青木さんがクライミング講習会をしていた
講習会が一段落するまで待ってガイド協会の連絡事項を伝える
津田沼発13時44分の快速成田空港行きで帰宅
帰宅してから洗車 昨日のアイスクライミングの道中で雪解けの泥道を走ったのでフェンダー周りに泥がびっしりとこびりついていた
庭にはフキノトウが顔を出していた
それからホームセンターに買い物へ行った
帰宅してから息子と妻の三人で印西へと向かう 途中でカインズに立ち寄って息子の部屋用のLEDシーリングを購入し18時45分に印西体育館到着
すでに岩崎など数名がウォール前で待機していた
19時になったのでクライミング開始
厚かましい私は待機していたメンバーを差し置いて最初に壁にとりついた
いつもそうである 反省しなさいと妻は言う
赤バーに本格的にトライし始めてから五日目 最初はムーブがわからず苦しい体勢でクリップができずフォールが続いたが三日目になってあきらめてハングドックに作戦変更しムーブがつながって初めてトップアウト
しかしながら四日目になっても進展はなく、五日目となる今夜も期待薄だった
最初のトライはメタメタでトップアウトしたものの2テンションで動きに切れがなく前腕もパンプ
ところが2トライ目はクリップ位置を変更したこともあり一変してスムーズで1テンションでトップアウト
そして3トライ目 登り始める前からこのトライでレッドポイントできそうな予感があった
予感通り首尾よくレッドポイント
正直嬉しかった
息子も復調してご機嫌
妻も最高到達点タイでまずまずだった

明日月曜日は完全レスト日
火曜日、木曜日が印西練習日