2017年2月4日土曜日

極道仲間とのアイスクライミング

相沢奥壁大氷柱は50mロープフルサイズ


この週末は久しぶりに日光の雲龍か足尾にでも行きたいなと思って、極道仲間に問い合わせたところ今週は群馬へ行くという
極道仲間とはこの4年間にわたって土橋さんの捜索でチームを組んで活動してきた
捜索活動を通じて絆はいっそう深くなった

極道仲間の尾崎さんと藤枝さんの計画は荒船山の相沢奥壁
大氷柱とエイプリルフールを登るという
この界隈に慣れている二人に便乗することにして昨夜金曜日に妻と自宅を出た

道の駅「しもにた」で今朝5時に合流
ところが妻がブーツを忘れてきたことが発覚
妻の装備の最終チェックを怠った私の責任である
申し訳ないが妻とは14時に「荒船の湯」で落ち合う約束をして相沢奥壁へと向かった
5時20分に相沢登山口到着
ヘッドランプを灯して登っていくとやがて夜が明け、前方に相沢奥壁の氷瀑がこずえの間から見え始めた
規模も大きいし正面から見ると立って見える
6時50分過ぎに氷瀑の下に到着
大氷柱は朝日があたってオレンジ色に染まっている
さっそく尾崎さんがリードし、私と藤枝さんが一回ずつトップロープで登らせてもらう
テクニカルではないが50mフルサイズの氷柱はさすがに登りごたえがある
すぐにエイプリルフールへ移動
エイプリルフールは三段のロングルートだが一段目がもっとも手ごたえがありそうだ
ここも尾崎さんがリードし私はラインを変えながら三回登らせてもらう

12時20分撤収
相沢登山口には13時30分帰着
荒船の湯で妻と合流しのんびりしてから15時に出発
一般道を走って20時すぎに帰宅した





妻は荒船湖を散策したという

趣のある下仁田の駅

昨日の昼食