2017年3月19日日曜日

風雪模様のガイド研修三日目は平標へ


移動性高気圧に覆われて関東地方では気温が上昇し快晴となったようだが、谷川岳周辺は様子が異なっていた
起床すると小雨
関越自動車道で湯沢をまわって平標登山口駐車場へ向かったが、雨はかなり強い
やがて雨は重たい湿雪に代わり、風も強い
雪面は固く凍り付いたようで、その上に新雪が積もり雪崩の危険性が高まっていた
標高1690mでダケカンバの疎林が終わり吹き曝しの斜面が山頂まで続く
ここでシールをはがし、滑降開始
素晴らしい深雪である

視界が悪いため、目の前の雪面すら見えづらく、お互いがはぐれないように短くピッチを切って樹林帯の滑降を続けていく
それでも滑降はあっという間に終わってしまった
土合山の家へ帰り着くとAGS-J創立会員で顧問の富安さんが皆の顔を見るためにわざわざ訪問してくれていた
富安さんのスピーチを聞かせてもらい差し入れのワインを美味しくいただいた

明日はいよいよ最終日

砂田達印西チームは明日は錦糸町へ行くという 私も行きたかった