2018年1月11日木曜日

2018年印西インドアクライミング初め


2週間ぶりの印西の夜を過ごした
これだけインドアクライミング施設が発達した現在でもクライミングにおける2週間のブランクというのは頻繁に発生する
息子にとっては長期の合宿登山だったりするし、私にとっては海外登山などが典型的なものになると思う
現役だったら仕事が忙しかったり、出張が続いたりすることが原因になることも少なくないだろう

40年以上もクライミングをしていると時々「クライミングしたくない病」というものに罹患することもあるし、環境の変化でクライミングを維持できない期間が続くこともある
そんな時は2週間どころか数年単位でブランクが発生するけれども「そんなこともあるさ」と想いながら登り続けてきた

年末年始は息子と私は大分に帰省し八面山のボルダーで多少なりとも登っていたが、妻は全くホールドに触らない2週間のブランクを経ての印西
「トップアウトすらできないのではないか?」と妻は不安がる
そんな妻と印西の松山下公園総合体育館へ向かった

今夜は冷え込みが強く、すでに外気温は氷点下一度
18時50分頃に松山下公園総合体育館のメインアリーナへ入る
やがていつものメンバーが揃い今年初めての印西ウォールでのクライミングが始まった
2本ほど登ると体が温まってきたが、ジャケットを脱いでビレイをしているとすぐに体が冷えてくる
妻も無事にトップアウトでき、私も6本登った
新年のスタートにしてはぼちぼちの印西ウォールとなった

明後日は日帰りでアイスクライミングへ行きたい