2018年1月22日月曜日

千葉岳連OB会新年の集いは大雪に見舞われました


千葉岳連OB会の新年の集いがあるというのに、大雪の予報が出ていた
お昼頃の千葉市内の1時間ごとの予報では雨は夕方頃みぞれに変わり深夜になって湿雪というものだった この通りであれば積雪もほとんどなく交通機関への影響も限定的なものになるだろうと、推測していた
ところが、14時頃から雪に変わり、15時半頃には本格的な降雪となった
新年の集いの会場はいつもの京成津田沼駅近くの「たか丸」 開始時刻は17時からだが16時に到着してしまった 雪は激しく降っている 近所の店でハイボールを呑んで暇をつぶした

大雪の影響で参加者が少なかったが、それでも25名近くが集まったのではなかろうか
ヨシキスポーツの吉野社長との話も弾んだが、話題は主に石渡健君のことだった
健君がまだ子供のころの話や、あんないい男はいないというような話だった
2時間ほど楽しく語らい、雪も心配なことなので、二次会もおこなうことなく家路についた
同じ四街道の関口さんと電車にのった
雪は激しく降っており、幹線道路も圧雪状態になりつつある
スタッドレスタイヤに交換はしてあるけれど危険なので妻に迎えに来てもらうことはしないで歩いて帰宅した
GORE-TEXのハードシェルにGORE-TEXブーティーのシューズだったので濡れることもなく帰り着くことができた