2012年6月27日水曜日

航空機からの山岳展望

昨日大阪で一泊し、早朝の便で仙台へ入った。

甲府盆地の上空くらいまでは雲が広がっていたが関東平野へ入ると雲は切れ山々の展望が広がった。
羽田基点で発着する飛行機では航路の関係から上越の谷川岳などを間近に見ることはできません。大阪-仙台便ならではの、とても珍しい景観ではないかと思います。


まずは谷川岳、このアングルから見る谷川岳は私にとって初。
左端に天神平が見えている。一ノ倉の衝立岩正面壁や烏帽子沢奥壁、テールリッジなど手に取るようにわかる。1970年代の思い出の場所だ。


そして巻機山 、手前に奥利根湖(八木沢ダム)


 越後三山と平ケ岳


 飯豊連峰


吾妻連峰を初めて歩いたのは1972年だった。
鎌沼、一切経、五色沼、家形山、吾妻小富士が見える

0 件のコメント:

コメントを投稿