2017年8月29日火曜日

千葉県山岳連盟OB会「暑気払い&傘寿の祝い」 妻は印西



朝は涼しかったが日中は暑かった
仕事を終えてビルを出たらむっとするような熱気におおわれた
今日は千葉岳連OB会の「暑気払い&傘寿の祝い」
山の大先輩の方々と再会できる楽しみな日である
幕張本郷から京成電鉄で京成津田沼まで出て会場である「たか丸」へ行った
16時40分頃に到着したらすでに多くの先輩方が来ていた
17時開宴
植草さん、佐藤秀有さん、金澤さん、ヨシキスポーツの吉野社長、など懐かしいメンバーとやあやあと楽しく歓談した
盛さんが入院中で不参加だったのはとても残念で心配だ
ガストンレビュファのモンブラン山群特選100コースの100番目になっているフレネイセンターピラーの冬季登攀に成功している渋谷さんは今年20年ぶりにヨーロッパアルプスに行ったという
印西のクライミング教室でご一緒した滝内さんもいる

酔っぱらった勢いで、昭文社の登山地図に房総の山がないのは残念だという話になり千葉岳連OB会のメンバーを中心として作ってもいいのではないか?というような話で盛り上がった
そんなの作って売れるの?
という意見もあったけれど、私は売れると思う
植草さんが共同執筆した千葉県の山はベストセラーになっているというし、首都圏のハイカーを背景にした冬の低山ハイキングの需要はそれなりに高いのではないかと思う
1989年の「はまなす国体」で苦楽を共にした高体連の高山さんご夫妻と一緒ならやってもいいかな?

そして県立幕張総合高校にスピードクライミングの施設がもう少しで完成するという話が吉野社長からあった ここのところ幕総に行っていないので知らなかった

19時半にお開き

もし都岳連の松元さん達と一緒なら必ず二次会ということになり、帰ろうとして新宿駅へ向かっていると携帯電話が鳴る
けれど千葉岳連OB会は年齢層が少し高いこともあって上品だ
20時半には帰宅できた

後で知ったことだが午前中に印西市フリークライミング協会の定例練習会が予定されていた 妻は登りに行ったという