2005年10月22日土曜日

花島秀雄君の墓に参る


朝から雨模様であったので山には行かず、散歩がてら女房と四街道小学校の「えのき祭り」に行き、野菜などを買った。
帰りがけに、めったに通らない道を通った。
最近ではめずらしい未舗装の道で水溜りが灰色の空を映している。 花島秀雄君の墓のある道だ。

久しぶりに墓参りをしようと、ずいぶん探し、やっと見つけることが出来た。
花島、俵、藤森、砂田と私は四街道小学校からの幼馴染で、ともに四街道中学校を経て佐倉高校に進学した。
花島と俵一登志は体操部に入り、砂田と私は山岳部に入った。

その日は冬休みだったが、体操部の強化練習があって、花島秀雄君は佐倉高校へ向っていた。そして四街道インター近くの国道で乗っていたホンダドリームCB500がトラックと正面衝突してしまったのだった。
17歳、高校二年の冬だった。

0 件のコメント:

コメントを投稿