2015年9月16日水曜日

ありがたきかなクライミング仲間


今日明日と二日間に渡って勤務先の溝ノ口研修センターで研修
以前からVBAで幾つかのプログラムを書いていたが独学なので、一度基本から整理したいと思って、入院中の・・・しかも手術前の7月7日に申し込んでいたもの
社員対象の研修だが外部講師による本格的なもので通常なら数万円の内容を持つものだと思う。それゆえ人気が高いので抽選だったが運良く当選したので楽しみにしていた

四街道から溝の口へは、横須賀線の武蔵小杉駅で南武線に乗り換えるが乗り換え自体に長距離歩行を強いられる はっきり言って遠いのである 東京駅の京葉線ホームくらいの距離がある

16時15分、研修初日を終えて錦糸町のジムへ向かった


武蔵溝の口の研修センターから錦糸町まではおよそ1時間
支度を整えてリード壁の前に座ってむくんだ右足をマッサージしていたら島田さんがやってきた
そして大嶋さん、さらには石川さんも
石川さんに再会するのは入院面会以来のことで感謝

そうこうしていると素晴らしいプレゼント!
大嶋さんが片足クライミングで大前傾壁を登って見せてくれたのである
巣立ちの雛に対する親鳥のようなエピソードのように感じられた
登ってくれたのは5.10dのルートだったがデッドポイントとフラッキングを多用するもので、見た感じでは5.11c/dか?

石川さんにビレイしてもらって5.8のトップロープ課題青と赤を都合5回登らせてもらった
一番左にあるこの課題は怪我をする前から時々登っていたもの
青も赤も同じ5.8だけれども青の方が難しい
これを片足で登ると青が5.10c/d、赤が5.10a/bといったところかな?

多くの仲間に支えられて現在の私がある