2015年9月22日火曜日

錦糸町と彼岸の墓参り


9月に五連休となるのは2009年以来6年ぶりで、次は11年後だという

今年のシルバーウィークは素晴らしい晴天に恵まれた
晴天と連休が重なるということは、めったにないことだと思う
私の記憶ではこの連休が好天だったのは2000年以降は次の3回
2001年小四の息子と登った北岳バットレス
2009年妻と登った只見の恋ノ岐川
2010年妻と登った湯檜曽川本谷

昨夜の息子の話では明日、火曜日は授業が13時からで、夜は山岳部の部活動だから10時から12時までなら登ることができるということだったので、今日も息子と朝から錦糸町へ向かった

右足の荷重はある程度認められているがむくみがあってクライミングシューズをはくことができない
一昨日の印西においてもゆるいサイズのアナサジベルクロでもまったく履くことができなかった
とはいえ、右足のむくみは日々改善している
今日はだいぶむくみが治まっているのでシューズが履けそうな感じである
さすがに勝負靴であるミウラーは足入れができないが、ゆるいサイズのアナサジベルクロはすんなり入った
そこでさっそく5.7をリード
次に5.9をやってみたが右足にたちこむことができないせいもあって数度のテンションが入った
怪我の前まではウォーミングアップに使っていた5.11aのリードにトライしたがメタメタ

息子は13時から授業ということなので12時にジムを出た
12時15分にJR錦糸町駅で息子と別れた
息子はこれから授業に出て、夕方から山岳部の部活動だ

一方、私は13時07分に四街道へ帰着し、昼食後に母と妻と三人で墓参りにいった
京葉連園に分骨されているのは父だけだが、亡くなった親戚や友人たちを含めた多くの人々に祈った
明日は島田教授、福田さんと朝から錦糸町
夕方には息子が立ち寄ってくれるというから10時から20時まで一日を錦糸町のジムで過ごすことにしよう