2016年5月5日木曜日

11年ぶりの再会


妻と息子と三人による一週間の小川山滞在を終えた
三苫氏から「北海道の石渡さんが来ていますよ」と教えてもらったのは4月30日だったが、実際に再会できたのは5月2日だった
最後に会ってから11年が経過していた 健君は昔と変わっていなかった
千葉から北海道の名寄に移り住み、現在は旭川でジムを経営しているから、余程のことがない限り再会は困難だろうと思っていた
Rock&Snow57号の健君のインタビュー記事で元気にしていることは承知していた
「賀来さんが言っていたイムジン河をオンサイトするためだけに北海道からやってきました」
そして昨日オンサイトトライを行ったけれども、最後の一手で滑ってオンサイトは逃してしまったという
「残念ながら二撃になってしまいました」

夜は奥さんと二人で我が家のテントに来てくれ、四方山話に花が咲いた
とくにヨセミテのミッドナイトライトニングのを登ったときの話や、エルキャピタンを奥さんと二人で登った時の話などはとても面白く夜は更けた

5月2日深夜にはジューキチさんとケータさんが入山
それぞれがそれぞれのルートを登り、一緒に登ることはなかったが、夜は焚き火を囲んで話をすることが出来た
私たち家族は左岸スラブやガマスラブなどを登り、三人でセレクションを登ったのが楽しかった
4月29日から5月5日までの間で、雨が降ったのは5月3日の夜から5月4日の朝方までの短時間だけで全般に天候は良好だった
ただし風が強かった