2015年4月8日水曜日

寒の戻りで寒かった錦糸町とAGS-Jガイド認定通知


昨日は大阪日帰り出張で錦糸町は欠席だった
大阪も寒かったが今日の東京も寒かった

錦糸町のジムの大きな石油ストーブもフル稼働だったが、それでも寒かった

今日の錦糸町はリード壁、トップロープ壁ともに大盛況で順番待ちがでるほどだった

ジムのスタッフによるクライミングはめったに見ることは出来ないが、今夜は若いスタッフ二名がリード大前傾壁右ラインの5.13を登る姿を見ることが出来て見ごたえがあった

昨日のAGS-J資格審査委員会で私のガイドとしての合格の判定が行われ、引き続いて開催された理事会でガイド認定が承認された
その知らせが朝一番で勝野さんからあった
4月15日発売の山と渓谷5月号で公表するという
ここでは具体的な記述はしないがAGS-J内外の多くの方々のバックアップがあっての認定である

さてガイドになって具体的にどのようなガイディングを想定しているかというと・・・
パターンは二つある
一つは「賀来さんちの山」の世界を一緒に体験しませんかという提案で
沢歩きや山旅で焚き火などをしながら安全管理に配慮された条件下で楽しみませんかというものだ
もう一つは
50代から60代の方で若いころに憧れていたルートを半年から1年をかけてスクール形式で登攀能力を養成し一緒に登りませんかというものだ。屏風岩東壁や奥鐘山正面壁、谷川岳一ノ倉沢などの本格的なクライミングルートに始まり、前穂高岳北尾根や槍ヶ岳北鎌尾根などのクラッシックルートあるいは冬山のバリエーションルートなどを想定している
このブログを見て興味をいだいた方がいらっしゃれば「連絡フォーム」でお問い合わせいただきたい

2 件のコメント:

ナカニシイサオ さんのコメント...

ガイド認定おめでとうございます。

Motoaki Kaku さんのコメント...

中西さんは日本山岳ガイド協会 山岳ガイドステージ2でしたね
土橋さんの捜索が完結しておりませんが、今年もよろしくお願いいたします

コメントを投稿