2015年6月14日日曜日

AGS-Jの研修

日本アルパインガイド協会会員のレベルを維持あるいは向上させるための研修がたびたび開催される
今回はレスキューのそれだった
四季楽園に一泊し13名の参加を得て実施された
研修最後のレビューで建部さんが指摘していたロープ径の傾細化への対応は中心メンバーで試行錯誤が必要だろう
ロープ径が9mmから8.1mmに細くなることによるレスキュー分野における影響は無視できないものがあるように思う
景色が変わると表現してもよいかもしれない

これらを含めて建部さんが言うように最低でも年四回のレスキュー研修を行わないとテクニックを忘れてしまう



今回も大竹さんにお世話になった