2016年3月25日金曜日

近藤等先生を偲ぶアルプスの会

朝4時に起床
今日から妻は札幌への里帰り
5時54分発の電車に乗る妻を駅まで車で送った
妻は4月1日に帰ってくる

一方、私はしばらく後の10時47分の電車で麻布十番へ向かった
「近藤等先生を偲ぶアルプスの会」も出席するためである

会場となった国際文化会館に到着して記帳を済ませて、来場者の素敵なご婦人の胸のネームプレートに「鴫秋子」とあることに気がついた
ご挨拶ができた喜びについては多くを語る必要はあるまい

やがて関崎さんが私に気がついてくれて、アルテリア社長の鈴木さんとひと時を過ごす
鈴木さんは一昨年の11月に二子山で関崎さんから紹介していただいていたが、それっきりだった
それは股峠でのすれ違いに近いものだったけれども、鈴木さんは私のこのブログをときおりご覧いただいているとのことで昨年6月の怪我のことも先刻ご承知で、しかも事故後3日目には森鐵彌さんから一部始終を聞いたという
近藤等氏の訃報に対して、私がこのブログで「シャモニの休日」に影響を受けてシャモニを再訪しているとの記述を読み、「シャモニの休日」に憧れたというところが鈴木さん自身の体験と重なる思いがしたという
2012年の関崎さんとのヨーロッパアルプスや30年から40年前のヨーロッパ、とりわけドロワット北壁の体験談の話も楽しかった
しばらくして堀地清次氏と再会した
堀地氏には関東大会用のクライミングタワーを千葉スポーツセンターに作ってもらうなど、大変お世話になった
関崎さんには宮崎秀夫さんをご紹介いただいた
やがて森下さんとも再会した
森下さんは日山協の競技部部長をしているそうで、今週末には印西へ行くという
・・・そうか今週末は印西で日本選手権がある 森谷さんや、山順さん、北山さんなどの昔話に花が咲いた
足が痛いので椅子に座って休んでいると山渓編集部のOさんが声をかけてくれた
時折、錦糸町のジムで私を見かけているという
海津正彦氏とご挨拶できなかったのはちょっぴり心残りだった

明日は復活徹夜祭だがガイド協会のガイド研修で湯河原幕岩へ行かなければならない
幕岩・・・垂壁はいやだなぁ






鴫秋子さん、鈴木さん、関崎さん