2016年3月29日火曜日

急遽いきなりの習志野市東部体育館


砂田から11時27分メール着信
「習志野今夜やってるようだから行かねえか?」というような誘惑メール
意志薄弱の私は刹那的に
「行くべ!」と即座に返信してしまった
やらなくてはいけない宿題がたくさんあるというのに・・・
バカヤロー!!

砂田からは昨夜もメールをもらっていて
「30日に印西の個人利用の予約が出来そうだから行くべ」
しかも31日は印西の定例クライミングがある
従って今日から三日間クライミングが続く
印西も習志野も四月の予約は順調に行ったようで、ほぼ週三日のペースで登ることができそうだ

習志野市東部体育館へ19時に到着すると砂田がちょうど受付をしているところで、利用手順を教えてもらった

まず体育館の受付で「習志野市スポーツ施設利用カード」を提示して200円支払い、次にクライミング受付で100円を支払う
合計300円
リード壁の2面を登るには順番表に名前を記載する
ファミレスの順番待ちと同じ様な感じだ
登り終わると表に記載した自分の名前に取り消し線を書き加える
そして順番表に新たに自分の名前を書き込む
トップロープ壁には順番表はなく、空いていれば順次登ることができる

リード壁の規模は錦糸町と同じくらいで印西より規模は小さいが、そのぶんホールドが小さかったり向きが悪かったりする
トップロープ壁は垂壁2面で構成されおり、目測8mといったところか
主に子供たちが登っているので5.8などは簡単かと思いきやそれなりに難しく、現在の妻には登れないのではないかと思われた

砂田はいつものとおり早撃ちマックよろしく、5.11クラスをレストをほとんどしないで短い間隔で立て続けに登っていく
聞けば日曜日には錦糸町へ行って遊びほうけたという 残念ながら右紫のRPは出来なかったというが、手ごたえは感じたらしい だけどリード壁右は4月11日にホールド変更があるから、もう登れないよ~!!
私は前傾壁4本、トップロープ壁2本
もう3本ほど登りたかったが20時45分に閉店のアナウンス

明日は印西である
この土日に日本選手権が開催されたので、壁のホールドはすべて一新されている
楽しみである