2016年9月24日土曜日

ようやく抜糸 大相撲 夜は習志野


今日はいよいよ抜糸である
ようやくここまできたか・・・との感がある一方で「抜糸は延期しましょう」といわれかねない懸念もないではない

みつわ台総合病院の診療開始は9時で、7時半に病院まで行って受付を済ませ、いったん帰宅
傷口の体液の染み出しは治まっているが念のために傷口に当てた脱脂綿を交換してから8時40分に再びみつわ台総合病院へと向かった
整形外科の待合室に到着したのは8時55分 到着と同時に呼び出された
で、抜糸してもらった

「傷口がまだ完全な状態ではないので、傷口に無理な力がかからないように十分に注意してください もし体液の染み出しがあったら病院へ来てください」とのこと
ガーゼと包帯の代わりに透明なフィルムが患部に貼られた

嬉しい気分で帰宅し、自慢げに妻にフィルムで覆われた患部を見せる
・・・ん? すでに体液の染みだしがあるではないか
これから病院へ戻るわけにもいかない
今日からガンガン登るつもりだったが、右足への加重は今後も控えざるを得ないようだ

病院から戻ってから、久しぶりに昼食にざる蕎麦を食べた
美味い!

雨脚が強い
美容院へ行きたいという母を車で送った
定期券が切れ週明けの月曜日の朝にバタバタしたくないので四街道駅まで買いに行った
四街道から幕張本郷まで六ヶ月定期で46,660円也
母を迎えに行く

夕方になって大相撲中継を観る
豪栄道が優勝を決めた
安易な引きを多用する豪栄道は「へたれ力士」の筆頭だったので、今場所の活躍は見違えるようだった
豪栄道の優勝を見届けてから妻、息子の三人で習志野へ向かった

今夜の習志野は14人
ちょうどよい混雑具合かと思う
妻は4日前に開始した新たなH壁赤四角へのトライ
息子はG壁紺四角などを登る
私は右足への加重を控えながらそれなりに

明日は19時から印西である







0 件のコメント:

コメントを投稿