2017年1月26日木曜日

千葉岳連OB会 新年の集い


千葉岳連OB会の新年の集いがあった
宇野さんがいないのはさみしい限りだが、盛さんや金澤さんなど懐かしい顔に出会えるので楽しみにして参加した
場所はいつもの京成津田沼駅近くの「たかまる」
植草さんの企画で今回は前穂東壁の厳冬期初登メンバーの一人である小林さんのスピーチを拝聴することができた

稜渓山岳会が前穂東壁を登ったのは昭和31年1月3日のことだ
岩稜会のナイロンザイル切断による遭難後の登攀で井上靖の小説「氷壁」の連載が始まったのも昭和31年だということを整理して一覧表にして植草さんが用意してくれていた
使用したロープは麻だったという
86歳という小林さんだが、とても若々しかった

ちなみに前穂東壁の積雪期初登は昭和15年3月20日の日大山岳部によるものだという