2017年6月20日火曜日

ENSAガイド研修スタート

いよいよENSAガイド研修初日
6時半から朝食でバイキング形式である
面白いのは昼食を自分でサンドイッチなどにして用意することを前提にして準備されているということだった
フランスパンを三分の一に切って、ハムやピクルスなどでサンドイッチを作った
それからタッパーにサラダを少々
食後はSIMの交換を行った
UCPAのWiFi環境の悪さには閉口していたので、ついにSIMの交換を思い立ったのである
3か月3GのSIMでアメリカでも使えるので、9月のヨセミテでも継続してこのSIMを使う予定である
マニュアル通りに設定してOK
すぐにつながった
音声通話はできないタイプだが、Lineの通話があるので全く問題ない むしろ音質は通常より良いほどだ
これが2,980円なので満足感は高い
そうこうしていると齋藤ガイドがお見えになって、しばらくしてからENSAのブルーノ教官がやってきた3年ぶりの再会に固い握手
さっそくミーテングが行われこれから二週間のガイド研修の大枠が決められた
私のリクエストは「クライミングルートにおけるガイドテクニックの研修」

モンブラン山群特選100を基準にしていくつかのルートがチョイスされた
で本日だが、足慣らしとして軽くメールドグラスでクレバスに落ちたクライアントのレスキュートレーニングとクランポントレーニング
クランポントレーニングは非常に勉強になった
そして最後は氷河からモンタンベールへの登り返し
1時間当たり標高差700mから800mを登るスピードで、しかも休憩を一切取らずブルーノ教官は登っていきます
普段から筑波山でこれに準じたトレーニングをしていたとはいえ、かなりきつい締めくくりとなりました
UCPAに戻ってからはシャワーを浴びて、汗びっしょりになった衣類を洗濯し、最後にワインを飲んで、幸せな気分に浸りました