2005年11月21日月曜日

王であるキリスト カトリック北十一条教会



今日は、王であるキリスト

朝10時から仕事。 従って、10時に始まる札幌北一条教会の一番ミサには出られない。
そこで「カトリック教会情報ハンドブック2006」を見ると札幌カトリック北十一条教会の一番ミサが7:00とある。
朝5時30分に起床し、札幌駅近くにあるホテルからタクシーで向う。

昨日の嵐で路面は凍結しタクシーですらスピン寸前の走行である。
6時40分に教会へ到着した。
祈りのときを経て、7時からミサが始まった。

ミサの後で神父様に私は言った。
「西千葉教会からきました」
神父様は喜ばれ
「西千葉は大きな教会ですね。今年はロッテが優勝しましたね」
と声をかけてくださった。
ロッテの優勝と聞いて思わず小林神父様を思い出した。

外に出て、教会の敷地内を散策すると奥に印象的なルルドと共同墓地があった。

先程、札幌出張から帰ってきたのだが、明後日の火曜日には徳島出張である。