2006年4月15日土曜日

花の筑波山


今夜は、復活徹夜祭。夕方には教会へ行かなければならないので、近場に行こうということで先々週に引き続いて長女と筑波山に行くことになった。
筑波山は古くからの信仰の山で、山登りの対象として考えたことはかつて一度もなかった。たしか25年ほど前に「岩と雪誌」にボルダー巡りが柏瀬祐之によってレポートされた。戸田直樹氏らと登ったもので大きな刺激を受けた。その後、筑波山は信仰の山ということでボルダリングは禁止され訪れることなく終わってしまった。
だから今回のハイキングもトレーニング的な位置づけのものだった。

7時に四街道を出発して75kmを走行し、8:50にガマ公園の市営駐車場に到着。出発の仕度をしていると隣に止まった車の人もハイキングのようで、私たちに話しかけてきた。
「今日はどちらのコースですか?」
どちらのコースといっても表参道・白雲橋コース・おたつ石コース・向場コースの四つしか知らないので、ごく普通に
「表参道を登ろうと思っています」
と答えた。
するとこの方(柏の中庭さん)は面白いコースがたくさんあると教えてくれた。その中に沢のコースがあると言う。案内図のコピーをくれた。
面白そうである。このコースを登ることに決めた。装備にロープを追加しザックの中に入れる。すると中庭さんは谷の登り口まで案内してくれるという。行ってみてわかったが中庭さんの案内がなければ登り口まで到達することは出来なかったろう。それほどわかりづらい。

そして結果は・・・
素晴らしいコースだった。谷の中は筑波山とは思えないほどのゴルジュがあって、下山ルートに推薦してくれた尾根道も素晴らしいものだった。
さらに山全体が花に埋もれるような状態で、近年まれに見る素晴らしいハイキングを堪能することが出来た。