2006年4月22日土曜日

ニリンソウと筑波山



今週は妻と長女と三人。
5:15に四街道を出発し、85kmを走って筑波山の裏側つまり北面へ回り込み、旧筑波山ユースホステル近くの登山口に7:20到着。
今日のコースは「男の川道」、スタート地点がすでに標高440mなのでとてもラクチンともいえる。

7:45に出発
しばらく登っていくとニリンソウの群落が広がっている。
上高地の徳沢周辺で春に咲くニリンソウが見事だが、筑波山の北面に咲くニリンソウも素晴らしい。
ニリンソウの群落とカタクリの群落が入り乱れ斜面をおおう。

一時間ほどの登りで、8:45男体山の自然観察道に合流し、8:55に御幸平に到着
先々週に登った日光白根が良く見える。真っ白だ。

少し休んで、自然観察道を歩き立身岩の上まで登った。
素晴らしい展望が広がっている。
霞ヶ浦が近くに見え、来週登る計画を立てている富士山も真っ白にひときわ高く彼方に聳え立っている。
立身岩の先から自然観察道を離れて右の踏み跡を登り、男体山の山頂に立つ。

下山は筑波ユースホステル跡へ続く道を辿る。
9:45御幸平の女体山寄りの公衆トイレの脇から下り始める。
とても歩きやすい道で、10:05林道終点の広場に立つことが出来た。この広場には20台ほどの車が止まっており、それぞれ筑波山へのハイキングへ向ったようだ。
この林道終点の広場の標高は560m、従って御幸平までの標高差はたったの230mと言うことになる。ケーブルカーやロープウェイを使わないハイキングコースとしては最も楽なコースなのかもしれない。

車を止めてある「男の川道」スタート地点までのんびりと舗装された林道を下っていく。
10:25車に到着。