2015年12月16日水曜日

息子と登る錦糸町



明日から寒気が流れ込んでくるとのことだが、今日はまだ暖かい
満員電車の中では上着を脱いでシャツ一枚になっても蒸し暑く汗だくになる
ところが、こんな車内でダウンジャケットを着込んでマフラーをしている人がたくさんいる
体からの発熱量が根本的に異なっているのかもしれない

18時に錦糸町到着
少しボルダリングをした後はリード壁の前に寝転んでみんながやってくるのを待つ
19時ころになって島田教授がやってきて、そのあとすぐに息子もやってきた
息子は冬山合宿の準備で忙しく、昨夜も部室に泊まったらしい
そのうえ今週も金曜日から下級生の雪上訓練の補講の為に八方尾根へ行くというので、タイトなスケジュールの合間の錦糸町である

待っている間は寒いが一本登ると体はポカポカになる
20時近くになるといつものメンバーが続々とやってきていつもの賑わいになった
薄かぶりリード壁右ラインにプライベートルートとして「若草色5.10d」が常連さんの一人によって本日設定され、これに若手の常連たちが熱中していた

やがて重吉さんも到着
私は例のルートでワンテン地獄
口直しに挑んだ薄かぶり壁の諸ルートもメタメタ
ガックリしたけれど、短期間の浮き沈みに一喜一憂しても仕方がないと自らを慰めた

20時40分にジムを後にして20時51分の佐倉行きで家路についた
21時55分に帰宅できた

明日は勤務先の幕張事業所へ立ち寄り、午後から品川港南ビルへ移動し社内業務アプリケーションの設計講習会の講師として夕方まで会議室で過ごす予定
4時間の講習会で疲労困憊して錦糸町へ行く気力が残っているかどうかきわめて微妙