2015年12月19日土曜日

習志野市東部体育館スポーツクライミングウォール



今日午前中、習志野市東部体育館へ妻と行ってきた
印西の壁は大きく前傾しており妻が登るには適切ではないので、砂田がここを勧めてくれたのである
印西と同じように施設を利用するには初回講習会というものを受けて利用者カードを発行してもらう必要がある
定員は30名で、受付開始後すぐに満員になるほどに人気があるという
11月15日の受付開始日は二子山にいたが、そこから携帯電話で申し込んだ
そして今日がその初回講習会


8時40分に体育館へと赴くと、ヨシキスポーツの吉野社長がスタッフ側としていろいろと世話を焼いている姿が見えた
30名の参加者の中で、ロープクライミングの経験者は私と妻ともう一人の三人、それからボルダリング経験者が一人
他の参加者はまったくの初心者で子供の参加も多かった
スポーツクライミングが広く一般に浸透しつつあるからだろう

壁は5面あるが、右の2面がリード壁で高さ12mで最初の4mは垂壁、さらに4mがうすかぶり壁、最後の4mは可動式の前傾壁となっている
左側には3面の高さ8mの垂壁があるがリード壁と干渉するため接する一面は閉鎖されており、左側2面にホールドが設定されておりトップロープが常設されている

ロープの結び方からビレイの方法まで講習するので、講師はなかなか大変だ
10時ころから12時までは30名で交代しながら壁を登り、ビレイを行う
妻も3本登らせてもらい私も2本登らせてもらった

講師の中に私を良く知っていらっしゃるNさんという方がいて、砂田がたびたびここへ来るとのことだった
しばらくは錦糸町と印西の予定だが、妻には習志野市東部体育館が最適なので、時々利用させていただきたいものだ