2015年12月24日木曜日

降誕夜半のミサ



カトリック西千葉教会は暖かいクリスマスを迎えた
教会の暦はユダヤのもので、日没をもって日付が変わる

歳をかさねて迎える主の降誕夜半のミサでは、生まれ故郷大分中津のドンボスコ学園や古城教会のミサに祖母を重ね合わせて毎年のように深く思う
あるいは長崎の浦上天主堂でも同じように静かなミサが行われていることだろうと思いを馳せる
アンジェラスの鐘の音とともにあの聖堂を思い出す

今年は右足の重度のピロン骨折に見舞われて2ヶ月の入院を強いられたので思い出深い年になった
また、来年2月で定年を迎える節目のクリスマスでもあった
勤務先の企業年金があるので定年後に働く必然性は必ずしも高くないが、自宅から近い幕張事業所で格好の時短勤務のポジションボックスがあったので再雇用を選択した
10時から16時半の勤務で夕方のクライミングは毎日でも可能・・・これが嬉しい
その上で「賀来家のファミリー登山」に共感していただける方に限定して土日にガイドを行いたい
共感いただけなける方がいなければガイドを行わなくても一向にかまわない
妻と一年おきにヨーロッパアルプスやヨセミテなどを訪問できれば申し分ないだろう