2015年2月8日日曜日

雨の日曜日



朝起きてみると左ひざが痛い
昨日、とある課題で無茶なキョンムーブをしたのが原因だ
この課題はルーフの出口で遠いホールドをデッドポイントで取りに行っているが、ルーフのリップ直下にあるホールドに左足をキョンしてひざを強引に下に落とすとデッドしなくてもスタティックに遠いホールドを取りにいくことができる
無茶なムーブなので通常は使わないが、昨日は腰の痛みとクルブシの捻挫が気になって、デッドで失敗して落下するのを避けたかった
それで禁断ともいえる極端なドロップニーを行ったのである
その瞬間にひざに違和感が走ったが、直後に痛みは感じなかった


昨夜、ヨシキスポーツへ寄ったときに思わずインスティンクトSを購入しようと思ったが、そういえば似たようなコンセプトのシューズがさほど使われることもなく道具箱の中に眠っていることを思い出した
これ以外にもクライミング用のラバーソールシューズはおびただしい数がある
シャモニで購入したものも少なくない
その多くが強烈なタイトサイズのものばかりで気力の衰えた今の私にとっては激痛で1分も足を入れておくことが出来ないものばかりだ

それで、道具箱の中からチョイスしたのはマッドロックの初期型スリッパ
それとスポルティバのミウラー初期型
これをジム通勤用のザックの中に入れて就寝した

ところが就寝してからベッドの中で左膝がしくしくと痛み始めた
寝返りを打つのも苦労するほどの痛みだ

そして今日の朝
錦糸町のジムを楽しみにしていたので、ひとまずザックを背負ってカトリック西千葉教会のミサに与るべく家を出た
通常なら歩いて駅まで行くところだが、とても歩けないので妻に車で送ってもらった
千葉駅から西千葉教会へのアプローチも一苦労
ミサの中では福音朗読やアレルヤ唱の時に立ち上がることも出来ない
こりゃクライミングどころではない
ジムは諦め、雨が降り出した家路を肩を落としながらたどった

帰宅してリビングのホットカーペットで寝そべっていると、息子が山から帰ってきた
息子は大学山岳部OB行事で蓼科の白樺湖に行っていたという
さらに、このBlogを記述しているリビングで妻が山仕度をしている
私がジムやAGS-J関連の対応で山らしい山にも行かないのに、業を煮やして一人で明日は山へ行くという
すみません
2月11日にはどこかへ行けるかも・・・

マッドロックの先端部は大きくラバーに覆われている


これはマッドロックのかかと部分
ヒールフックを意識したつくりになっている



これはご存知ミウラー
久しぶりに足を入れてみたが、昔はこんなタイトサイズを履いていたのかと改めて驚いた