2015年2月9日月曜日

ディアミールのクトー用意できました


クトーのことをブログに書いた10分後に細田さんから電話があった
「チタナール2用ではないが使えるクトーがある」という内容だった
さっそく送ってもらうことにして、本日届いた
谷川さんのディアミールチタナール2にピッタリと収まった

OK!

さっそく細田さんに電話
細田さんも喜んでくれた
3月一杯お借りすることになった

この一部始終を見てわかるように谷川さんをはじめとする山仲間のバックアップがあってのガイド資格審査である

さて
2月11日は本来ならジムでトレーニングをしたほうが良いが、息子がアイスに行きたいという
極道仲間は雲龍瀑へいくらしい
雲龍瀑はそのスケールに圧倒される巨瀑で、アイスクライミングの醍醐味を十分に楽しむことの出来る素晴らしい場所だ
ただし結氷状態の見極めが難しく、登攀可能時期はきわめて短い

今回は息子へアイスクライミングのムーブを教えるのが目的なの足尾が妥当だろう
妻も山へ行きたいというので一緒にいけば楽しかろう

そこでアイススクリューの補充の為にヨシキスポーツに立ち寄った
Vスレッド用の22cmと16cmを補充
ヨシキスポーツは火曜日が定休日 青木さんは明日は荒船山の氷柱へ行くという
青木さんはJCCで勝野さんの後輩にあたり、話も弾む






そして帰宅してみると、妻が山から戻っていた
雪に降られたという
夕食を摂りながら妻の話を聞くのも楽しい
すぐに息子も帰宅した
ヘルメットが壊れたので金をくれということでお金を渡す
これで三個目のヘルメットになる
使い方が荒すぎるのか最近のヘルメットが弱くなったのか
その両方だと思う
テントなども完全な消耗品という割り切りをしているように思われる
ダンロップのVシリーズがあっという間にスクラップになってしまうのである


妻撮影の一枚