2015年10月14日水曜日

混雑した夜だった


爽やかな秋晴れの一日だった

今日からクライミングは長ズボンにしたがジムの中は少し蒸し暑い感じがした
着替えを済ませ18時半から短い間隔で島田さんにビレイをお願いし4本(5.7,5.9,5.10d,5.10c)ほど登ったところで19時

息子がやってきた
いつもより1時間遅い来訪だったのは日本山岳会の事務所へ立ち寄ってきたからだという
目的は土橋さん捜索のための日大尾根の資料を調査するためだった
ところが残念、日本山岳会創立記念日で休館だったという
ご苦労様でした


リード壁の前は混雑で休む場を確保するのもままならないほどになってきた
明日、明後日と一ノ倉沢へ行く息子は準備があるので20時過ぎにはジムを出るという
私ももう2本ほど登って一緒にジムをでた

20時51分の快速佐倉行きに乗車
運よく津田沼で二人並んで座ることができ、四街道到着まで一ノ倉沢の話題でおしゃべりをする
一ノ倉へは電車で行くという
昔のような夜行列車は、ずいぶん前に廃止され、土合駅も無人になり、列車の数も日に5本のみ
谷川岳に登るために列車を使って土合へ行くというのは難しくなった
午後から出発して18時前に土合駅へ到着し、登山指導センターで寝て金曜日に登る予定とのこと
劍岳や穂高がフレンドリーにさえ見えるほどに一ノ倉沢は悪魔的景観だとおもう
息子も同意見で一緒に行く3年生と2年生は出合から一ノ倉沢を見上げて驚くでしょう