2015年10月10日土曜日

主治医の見立て 印西で岩崎・砂田と登る

ロープの結びを確認しあう砂田と岩崎


午前中は診療とリハビリで病院

主治医のSRGさんから問われたので通勤で3.5kmから5kmを歩行していることを伝えた
レントゲン撮影の画像を見ながらきわめて順調な回復状態だが、重い骨折なので歩行障害が残る可能性が大きいという
芳野満彦さんや今野和義さんの例もあるし足の機能欠損による歩行障害自体を気にしていても仕方がない
そこで聞いてみた
「そろそろランニングをしてもいいでしょうか?」
それに対してSRGさんは
「この骨折でこの時期にここまで歩行できるのは極めてまれなことなので、これだけで満足できませんか?どうしてもというのなら1km以内の軽いランニングなら・・・」
主治医のSRGさんも少々あきれたというニュアンスだった

私は困った患者だ
主治医のSRGさんの軽いランニングOKと聞いて、右足でのフットホールドへの踏み込みをしても良いと解釈した

そして16時
先日1テンだった5.10cをRPしようと、印西へ向かって自宅を出た


16時50分、印西市営松山下公園総合体育館の駐車場到着
砂田に教えてもらったクライマーの獣道はすこぶる順調だ グーグルマップの道案内やカーナビではとてもこのようなラインは表示されない 超重量級のアウトランダー号は街乗りではリッター5kmがせいぜいなのにリッター12kmで走ったのには驚いた

肌寒いような夜だったが体育館に入ると蒸し暑い
経費節減の為に空調を入れてくれないらしい 当然だが体育館の天井付近は気温がさらに高い
一本登ると汗が滴り落ちる
先日1テンだった右ラインの5.10cRP
ついで大きくハングしている左ラインの5.10cに3トライしたがいずれも1テン
仕上げに5.10aを登る

19時過ぎに砂田登場
先週、砂田は仕事で大阪へ行き、仕事の合間に「グラビティなんば」を訪れ5.11aをオンサイト、5.11cの二本をいずれも二撃したという
印西にくらべて2ランクグレードが甘いというのが砂田の感想だったが、いやいやそれが君の実力です 私が今夜5.10cを三回も1テンしてしまったように・・・


印西市営松山下公園総合体育館にはシャワーがある
シャワーを浴びて21時に家路についた
帰宅は21時40分だった

明日午前中はカトリック西千葉教会でミサ、午後は娘と父の墓参りなのでクライミングはお預け
明後日は錦糸町へ行きたいものだが、不確定