2014年12月10日水曜日

幕岩 青春18切符 ネオプレーンソックス




今日は有給休暇をとって大竹さんと幕岩
上級レスキューの個人レッスンを大竹さんにしてもらったが、彼は夜勤明けで毎週のごとく付き合ってくれた
それでクライミングに関しては私が大竹さんの都合に合わせることがあっても良いと思ったのである

冬のフリークライミングエリアの定番の一つである幕岩だが、再訪は25年ぶりくらいだと思う
真鶴から伊豆にかけての道路事情というのは最悪で、城ヶ崎海岸に通う時には渋滞で散々な目にあっている
そのようなわけで城ヶ崎海岸を訪れる時には電車という選択肢を採用することも少なくなかった
そんな時に重宝したのが青春18切符である
出発前にネットで調べてみると12月10日から1月10日まで有効だというので、昨日の昼休みにお茶の水駅で事前に用意しておいた
勤務先の同期である千葉さんは「18歳ではないのに使えるのか?」という
「千葉さん!成人でも使えるんですよ」

四街道駅5時44分の始発の快速電車に乗車して湯河原には8時33分到着
大竹さんの車で幕岩へ


25年ぶりということで岩場の位置関係が思い出せないなど戸惑いながらも15時半まで遊びつくした

そんな中で桃源郷のフェースではまった
「夕暮れ時」はテイクオフすら許してくれず、隣の「憧れのハワイ航路」で指先はボロボロになった
前傾壁が一般的になっているジムでは経験しづらいプロブレムだろう

大竹さんと一緒に過ごしていると、レスキューの話題になる
先週の上級レスキュー研修サポートでオーバーハングの下降における新しい手法が勝野さんから提示されたことを話すと、面白そうだから見せてくれ、ということになった
駐車場の東屋の柱を使って実演する
大竹さんは本当に研究熱心な人だ



16時21分発の列車で家路につき、19時22分に四街道到着
自宅のリビングの座りごこちの良い椅子に座っていると、息子が帰ってきた

そしていいものを見つけたと息子が言う
それはザ・ノース・フェイス アルパインクライマーソックスというネオプレーン靴下である
彼ら大学山岳部の冬山合宿のような20泊するような幕営山行で深刻な問題となる靴の濡れと防寒対策にネオプレーンソックスが有効だということが、先週の初冬合宿で実感できたという
息子の冬靴はボリエールG1ライトという二重靴だが
「アルパインクライマーソックスを使用すればシングルブーツでもかなりのレベルまで戦える」
というのが息子の見解だった

明日の夜はT-Wall