2014年12月27日土曜日

早月尾根とクライミングツアー


2014年12月27日21時11分、息子からメールが入った
たった今のことである

「只今、早月小屋のテントサイト
明日アタック予定
できなければ敗退の可能性大」

合宿中のプライベートメールは厳しく禁じられているから就寝前のわずかな時間を使って寝袋の中で隠れるようにして送信したのだろう

12月25日に馬場島から入山した時の息子たち大学山岳部の模様がNHKのニュースで流れた




12月にしては強い寒波に覆われていた日本列島だったが昨日あたりから寒波が緩み
27日28日は晴れ間が期待できそうだというが、29日からは寒波が再来して暴風雪になると予報されている

計画では本日27日に烏帽子・獅子頭でFIX工作を行い28日にアタックということだったので大谷監督やコーチ会のメンバーは絶好のチャンスをとらえたと認識していることだろう

一方で私はどのように予測していたかというと・・・・
25日は入山したがラッセル地獄に苦闘し予定の1600m地点まで到達できず
26日も同様にラッセル地獄が続き早月小屋手前で日没幕営
27日は昼過ぎにようやく早月小屋幕営地到着 27日に計画していたFIX工作ができず
28日にようやくFIX完了
29日は暴風雪にて登高不能 午前中に撤退を決定しFIXを放棄して下山開始 夕刻に馬場島帰着
私の予測はよい意味ではずれることを願いたい

現役大学山岳部員にとって冬剱のプレッシャーは相当なものがあったはずで、その重圧の元で自らの力でラッセルして早月小屋まで到達したということは、それだけで素晴らしいことだと思う
たとえ明日のアタックが成就できなかったとしてもだ
-------------------------------
さて私
今日から妻とクライミングツアーの予定だったが、私と妻に共通の知人の通夜があって出発が明日に延期された

クライミングツアーはフリークライミングに夢中だった30年前には年末年始の過ごし方の定番で、
当時は城ヶ崎海岸がターゲットだった

29日には大竹さんと合流予定し31日に帰着する

クライミングツアーの場所は伊豆方面
城山、幕岩、城ヶ崎、海金剛のいずれかを予定

いつの日にかクライミングツアーを仲間たちとしたいものだ
蓬莱から関西
あるいは広島周辺
いっそのこと九州各地をめぐってもいいだろう