2014年12月14日日曜日

息子と登る日曜日の錦糸町




今朝初氷があった四街道

午前中はカトリック西千葉教会で待降節第3主日のミサ後、母も連れ立って衆議院選挙の投票を終えた

帰宅後、一服して息子と四街道駅13時01分発の快速電車で錦糸町へ向かった

息子と交互にビレイし合いながら思う存分リードクライミングを行うことが出来た

年間8回あるという長期合宿後に体脂肪率が6%にまで落ちる息子は現在冬山合宿に備えて体脂肪率を高めるためにドカ食いをしているので体脂肪率は9%まで回復しているという
せっかく体脂肪率を高めても、短い間隔で実施される飢餓状態に近い合宿によって、体脂肪は著しく消費され、太ることがないということらしい
二ヶ月ぶりのクライミングだというが身が軽いのでボルダーに関してはひょいひょいと一撃していく
一方で二ヶ月のブランクは持久力を初期化してしまうからかリードには苦戦していた
息子は部活動として江戸川橋店に通うことが多いと聞いたが、江戸川橋店のグレードよりも錦糸町店のほうが一段階辛いのではないか、つまり江戸川橋店の5.10aは易しく、錦糸町店の5.9は難しいと感じたようだ
そう感じたのは恐らく二ヶ月のブランクの故だろう

ジムによってグレーディングにばらつきがあるの確かだが、少なくとも錦糸町店で5.10aをリードできれば長期冬山合宿を年間目標とする大学山岳部の水準としては、そこそこのレベルではなかろうか

思う存分楽しんで
錦糸町発18時19分の快速エアポート成田で家路についた

快速電車の中で剱岳早月尾根で行われる予定の息子の大学山岳部冬山合宿が話題となる
12月20日頃に入山したかったが、授業の関係で24日夜行バスで出発するという
一週間前の情報では馬場島の積雪は3mとのことだが、その後降雪が激しいとのことなので、すでに4mを超えているかもしれない
先日、富山県警に問い合わせたところ、息子の大学山岳部がこの年末年始に早月尾根に取り付く最初のパーティーだという
おそらくラッセル地獄を味わうことになろうが結果の如何にかかわらず、他人のトレースを当てに出来ない本来の冬山を堪能するだろう
たとえ敗退したとしても他人のトレースをたどって登頂するよりも価値があると私は思う

心配ではあるが、うらやましい
私も一緒に行きたいくらいだ


さて、来週の予定
15日 錦糸町は定休日なので完全なレスト日になる 自宅のクライミングボードで少し登りたい
16日 職場の第一回目の忘年会 トルコ料理店を予約しているので楽しみだ
17日 有給休暇を取得して大竹さんと幕岩でクライミング
18日 第二回忘年会 オフィスの隣にあるイタリア料理店で飲み放題!
19日 錦糸町
ということなので次に錦糸町を訪れることが出来るのは12月19日来週の金曜日ということになりそうだ
20日21日は未定

夕食はバタールのハーフを二人で食べる


二階ボルダーでの息子