2015年1月12日月曜日

一人で山へ行くという妻の後姿を見送って行った錦糸町

今日は成人の日
寒い!
私は布団の中でぐずぐずしていたが、妻は早くから台所に立っていたようだ
8時になってリビングへ行くと妻はモンベルの上下を着ている
つまり登山仕度だった
驚いて私は言った
「山へいくの?」
妻いわく
「ん?一人で電車に乗って房総の山へ行くよ」

・・・


ここのところ妻との山歩きをおろそかにしていることに対する、妻のなりの対処なのだ
申し訳ない気もするが、彼女の意思で山へ行こうとするのは正直嬉しい

妻を見送ってから私は錦糸町へ向かうべく玄関のドアを開けて庭に出た
庭には良い香りがただよって蝋梅が咲いていた

10時50分にジム到着
昨日に比べると空いているようで、リード壁の下には誰もいない
常連のクライマーが来るまで2階のボルダーで少し遊ぶ
12時近くになってようやく人が集まりビレイをお願いしたが、こころよく引き受けていただいた
ただし、結果はいつもの通り惨憺たるもの
昨日フォールしたルートで今日も同じ場所でフォール
都合3本登ってリード壁は切り上げ、いつもの26課題を登って16時半にジムを後にした

新たに二人の方にビレイしていただくことが出来て喜ばしかった

私が帰宅後一時間半して妻が帰宅し、その30分後に息子が帰宅した
妻は房総の大福山へ登ったという
息子は部活動
指の凍傷が完治していないので2月合宿には参加を見合わせるという
それではとレスキューと足尾アイスを持ちかけたが、凍傷を理由に山岳部の合宿を控えているのに、レスキューやアイスなどをガンガンやるのはいかがなものか・・・と息子は言う
レスキューもアイスも山の中でやるのでのはなく、平地で実施するのだから問題ないから気にするなと息子に告げた
モノクロームの世界








妻の写真から

0 件のコメント:

コメントを投稿