2015年1月28日水曜日

水曜日の錦糸町

いつもの通り、6時40分に自宅を出る
未明の雨はやみかけていたが、まだ少しぱらついてた
四街道発7時6分の通勤快速電車が錦糸町に到着するのは7時46分
そして勤務先のオフィスがある湯島二丁目まで足早に歩いていく
蔵前橋通りを歩くが隅田川を渡ってからは一本北側に沿って走る路地を歩くことがある
そんな路地に「おかず横丁」というのがある
東京大空襲で焼き尽くされたと思っていたが古い家屋が点在しており興味深い
およそ5.5kmを1時間かけて歩く

昨日の暖かさとは打って変わって冷たい北風が身にしみる水曜日だった

18時過ぎに錦糸町の前傾壁の前に足を踏み入れると島田さんがいる
いつもの常連さんも揃っている
しばらくして島田さんの大学山岳部OB仲間の安蒜さんも到着した
それからおおよそ3時間
今夜も目一杯楽しんだ
TR1本、RP1本、フォール1本
フォールの1本は先週から取り組んでいるもので、昨日は退歩したのではないかと思うほどにメタメタだった一番奥の前傾壁のルート
本日は累積で四便目のトライになる
昨夜に比べると幾分好転し核心部に突入して大フォール
最終ランナーを足元にしながら突っ込んだ結果のフォールだったので、福原さんがこの場にいたら「ナイスフォール」といってくれたかもしれない
ハングドッグでムーブを探ってみると終了点手前の三手が厳しい
ボルダーなら8級程度のムーブだが前傾壁の終了点直下なので思うように体を動かすことが難しい
なんとなく感触を得ることは出来たが、もうしばらくかかりそうだ
頭を切り替え二階のボルダー壁で25課題のサーキットを行って、汗びっしょりになり、錦糸町駅21時10分発の快速佐倉行きで家路についた