2015年1月14日水曜日

職場のM君と錦糸町へ行く



先週のことだ
勤務先で一緒にハイキングに行ったことのあるメンバーへボルダリングに誘うメールを発信した
すると、かねてから少しばかり興味があるという人から、昨年ボルダリングを始めてはまっていますという人まで私が想定していた以上の反響があった
200名足らずの小さな拠点だが10名ほどのメンバーが揃いそうだ

そして今日
私のいるフロアにM君がやってきて
「今日もジムへ行くなら連れて行ってください」
という
大喜びで17時40分に二人で事務所を出た

M君は家族を大阪に残し、現在単身赴任中のRAW画像処理を得意とする技術者である
食生活のアンバランスなどもあって体重が増加し、もう少しで○○kgというレベルにまで達してなんとかしたいと思っていた矢先に誘われて、ボルダリングを試して見たいと思ったようだ

錦糸町へ向かう道すがらM君へ伝えたのは次のような事柄である
1.ボルダリングだけでは痩せない
2.週に4日は10km以上ウォーキングする
3.食事に含まれるカロリーに気を使って欲しい
  例えば
  *ラーメンはダメ  特に二郎や横浜家系など背脂の多い種類は最悪
  *テンプラ、とんかつなど揚げ物はダメ かき揚げやメンチカツなどは脂分が多いので最悪
     マクドナルドなども同様
  *たんぱく質をきちんととるが、脂の少ない豚もも肉、鶏のムネ肉、ササミを茹でる
  *野菜をたくさん食べる キノコ、豆腐も同様 これらの摂取には鍋料理が良い
  *昼食のコンビニ弁当はなるべくやめて かけそば、月見そば程度で我慢する
    自分でカロリー計算をした上で弁当を作って持っていくことが出来ればベスト
    それが無理ならホカ弁の白飯のみを購入しふりかけと漬物の方がベター
  *間食のジャンクフードは厳禁 腹が減ったら煮干を食べてお茶をのむ
  *夕食も上記に準ずる


錦糸町に到着して幾つかの注意事項を説明してから正対ムーブとツイスト、クロスステップからのアウトサイドエッジの使い方などを一番易しい1階のボルダー壁ピンクの1番から順番に説明していく
M君はもともと怪力の持ち主として職場では知られており、クライミングのムーブを使わなくてもホールドをがっちりと握ってどんどん登っていくことが出来る
1番から始めて順調にそれぞれの課題を一撃して8番まで終わった
そして9番で初めてにっちもさっちもいかない事態となった
三手目を左手で取りに行くムーブが出来ないのである
ここは左足をクロスステップで右足のさらに左のフットホールドにシューズのアウトサイドエッジでとらえて右足はフラッギングしてバランスをとる
そしてガバをとらえている右腕をまっすぐに伸ばしたままで、左足を蹴り、その反動で三手目のホールドを左手でとらえるのである
最初の内はガバにしがみつくようにして右手を引き付けていたが、幾度か手本を見せるうちに、ヒジを伸ばすようになっていきなり上手くなった
数回のトライで少しづつ前進し、そしてついにトップアウト
ちょっと感動的なシーンだった

私はM君への指導の合間を縫って先日お世話になった市川の島田さんにビレイをお願いして一昨日フォールした課題をリードしたが同じ場所でフォール

19時50分ロープをしまう
島田さんいわく
「もう帰っちゃうの?」
「明日も来ますから」
「明日はこれないよ」
そんな会話があって、錦糸町をあとにした