2015年1月3日土曜日

新年の錦糸町



今日も寒波の影響で寒い
錦糸町の営業は1月3日からということだったので、さっそく行った

四街道発9時40分の快速電車に乗り錦糸町駅に10時24分到着

錦糸町のパン屋「北欧」で昼食用のバタールのハーフ、成城石井で牛乳を買い求めジムへと向かう
快晴で風が穏やかなので、寒いながらも背中に日差しのぬくもりを感じる

到着してみると社長の寺島由彦さんが受付をしている
日本のフリークライミング黎明期におけるスーパースターの一人だ

先月に引き続き「月パス」という一ヶ月定期券を購入
税込みで14,040円

いつもすいている錦糸町だが、正月三日はさらに人が少ない
二階のボルダーはほぼ貸しきり状態

ウォームアップの数本を終えてから、いつもの通り、一番右端から順番に登っていく
そして一番右端から洞窟状の左端の課題までの26プロブレムを登る
20を越えるあたりから前腕がパンプして、一つ一つがきつくなってきた
特に体が水平になるルーフの課題では手のひらが痛くなって更に辛い
明日も錦糸町へくる予定なので、このあたりで終了することにしよう

最後にクールダウンをかねて易しい課題を数本登って更衣室へ
時計を見ると13時20分

いいズボンが欲しい
岩場へ入る回数が多いのでパンツの消耗が激しい
膝と臀部が擦り切れて穴があく
ヒップと膝がケブラーパッチで補強されたパンツがマウンテンハードウェアから発売されている
このパンツは息子が使っているが、生地が厚ぼったくてモソモソしており、私の好みではない
薄い生地でケブラーパッチが施されたスリムなパンツが欲しい




螺旋階段を下っていくのが寺島氏




錦糸町駅前ではフォルクローレを演奏していた