2015年8月7日金曜日

妻の夏山合宿 三日目 PTB開始

10時50分着信10:17
槍の穂先への登り


病室で2時に目が覚めた 2時50分にモーニングコールをしたところ、少々寝ぼけたような声で返事があった
寝ざめでぼーっとしているのかもしれない

3時58分 「行ってきます」とのメールが入った
ババ平を出発したようだ
いつでもそうだけれど、早朝暗い闇の中の出発は本当に気分が良いものだ
ヘッドランプに照らされた踏みしめる岩、手でつかむ岩角
やがて白々と夜が明けてくる
黒から濃紺そしてブルー・・・・
美しいグラデーションの幕が徐々に上がっていく

出発後、携帯電話のバッテリー消耗を懸念して電源をOFFにしたらしく、しばらく通信が途絶えていたが9時半に槍の肩へ到着したとのメールが入った


****新着写真順次掲載****
10時50分 槍ヶ岳 穂先への登り
10時51分 槍ヶ岳 山頂 東面
10時52分 槍ヶ岳 山頂 北面
11時49分 槍ヶ岳山荘
11時49分 槍の肩からの槍ヶ岳
11時54分 天狗原分岐
14時22分 槍沢の下降

※着信時刻が撮影時刻というわけではありません



***************************


10時51分着信10:41
槍ヶ岳山頂からの写真
手前に東鎌尾根が落ち込んで、水俣乗越を挟んで西岳・赤岩岳へと表銀座縦走コースの稜線が続いている
西岳の向こうにはピラミッドのような常念岳が見える
天候は快晴ではなくかなり雲が多いようだ

10時52分着信10:42
同じく槍ヶ岳山頂
祠のわきにいるおじさんは知らない人
祠の向こうには北鎌尾根が落ち込んで右に天上沢 左に千丈沢が大きく広がっているはずだ
そして遠くには高瀬湖の湖面が銀色に鈍く光り、その先には針ノ木岳
高瀬湖の右には表銀座の稜線が連なっているだろう


11時49分 着信11:47
槍ヶ岳山荘周辺の12時の気温は14.5度 東の風風速1.6m 日射量0.9
ちなみに千葉の本日の最高気温は38.5度
妻は槍の肩で昼食タイムを取ったらしい
その時にまとめて写真を送ってきているので、必ずしも着信時刻と撮影時刻とは一致していない
ガスコンロで湯を沸かしカップヌードルリフィルを食べたという
今では、私たちの山行にはカップヌードルリフィルは欠かせないものになっている
いろいろなタイプがあるが、一番人気はチリトマト、二番目がシーフード
ノーマルの醤油味は妻には不評だが、私は嫌いではない 在庫が底をつきそうになるとまとめ買いをする
カップヌードルリフィルとα米を食糧計画のメインにすると、お湯を沸かすだけで調理が済んでしまう だからコッフェルは不要で薬缶の方が湯を注ぎやすいので好都合だ
冬の場合は雪を溶かして水を作るプロセスがあるので大きめのコッフェルが欲しいけれど、夏なら薬缶一つで山へ行くことも多い
最近ヒートエクスチェンジャーが流行っているが、薬缶版もあるようなので使ってみようかな?


11時49分 着信11:47
この写真では良く見えないが、一見したところ登山者はそれほど多くはないようだ
明日は土曜日でお盆の一週間が始まるから、明後日から混み合うのだろう


11時54分 天狗原分岐06:07
登りの朝に撮影したものと思われる 槍ヶ岳の肩で昼食の休憩をしているときにまとめて送ってきたからだ
ババ平から天狗原分岐までは妻の足では二時間近くかかるだろうから、おそらく6時頃の撮影だと思われる
申し分のない快晴の空が広がっている

12時10分に槍の肩から下降を開始したとの連絡があった

14時22分着信 14:20
槍の肩から下降を開始しすでに2時間が経過したので天狗原分岐あたりまで来ているのではないだろうか
写真の花はトリカブトと白い花はシシウドか?
すでに槍沢では日が陰り始めているようで休憩していると肌寒いのではないかと思う
ババ平までもう少しだ
乗鞍岳北面に大きな積乱雲があるが槍沢には影響はないだろう


16時30分ババ平ベースキャンプ帰着との連絡があった
天狗原分岐でも電波は通じず、少し登ると通じるようになったという
疲れた 早くねたいとのこと
明日も予定通り、天狗原から南岳の往復を実施したいと言っている
これも朝4時出発となる
頑張るな 感心した


***************************

***************************

さて、私の話題
今日は、PTB装具を装着しての初めてのリハビリを実施した
昨日までの松葉杖二本による歩行では100m歩くのがやっとという状態で、とても品川駅の総武横須賀線快速の13番15番ホームから港南口を経て勤務先のビルまで、およそ500mを歩くということはほぼ絶望的に思われた 御茶ノ水駅から湯島二丁目までも同様で歩けそうにない
そのような状態の中でPTB装具による補助効果がどれほどのものなのかということがカギを握っている もし期待ほどの補助効果がなければ退院したとしても出社は当分先の話になる だから少しドキドキしながら16時からのリハビリをむかえた
入念なマッサージを受けてからいよいよPTB装具を装着 ゆっくりと荷重してみる 膝で全体重を支える構造になっているので、膝に大きな荷重がかかる 2009年に初めて経験したPTB装具は私の足にフィットしていなかったらしく、最初から激痛が走った 今回はどうだろうか・・・・ 健康な左足にかけていた体重を徐々に右足へと移していく そして全体重を右足に荷重して右足一本で立った
右足の膝には激痛は走らなかった もちろん大きな荷重がかかっているわけだからそれなりの圧迫感はあるけれど、これなら十分我慢することができる
それから松葉杖二本で歩行してみる 楽だ、これなら通勤できる 500mどころか1000mでも歩けそうな感じだ 松葉杖一本による歩行も試してみた 前庭のロータリー120mを一周 これも大丈夫、1000m歩ける手ごたえがあった
来週からPTB装具による本格的な歩行リハビリが始まる 本当にうれしい

*****************************
本日の血圧114-77

ロックリングス3D引き付け30回6セット、レストムーブ左右3分づつ計6分
ガストン&サイドプル チューブ引き付けそれぞれ100回1セット
ハンドグリップ左右 50回3セット・・・本日より1セットを50回に変更したがキツイ

0 件のコメント:

コメントを投稿